2006年10月30日

夕暮れ時の・・・

No.39-061008E09 2 009〓〓〓〓〓〓.jpg

アオアシシギ

使用スコープ:TSN-824M
使用デジカメ:CASIO EX-Z850
使用アイピース:TSE-9W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F4.0
シャッタースピード:1/160ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:50
撮影日:2006年10月8日

日没前に撮影したアオアシシギです。
条件的にかなり厳しいですが、根性(爆)で撮影しています。
本当は、一緒にコアオアシシギ(ライファーですv)もいたのですが、
そちらは残念ながら証拠写真になってしまいました・・・(T_T)

背景があまりよろしくありませんが、ちょっと雰囲気のある感じに写せましたでしょうか・・・?
(あっ、水平に写せていません^^;)
posted by Fei at 19:36 | TrackBack(0) | アオアシシギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

モズっ娘

No.39-061008E09 1 280〓〓〓〓.jpg

モズ メス

使用スコープ:TSN-824M
使用デジカメ:CASIO EX-Z850
使用アイピース:TSE-9W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F4.0
シャッタースピード:1/100ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:50
撮影日:2006年10月8日


最近、私事が忙しくてあまり鳥見に行く機会がなかったのですが、
この時、今季初めてモズの高鳴きを耳にすることができました。
ちょうど近くの電線に止まって鳴いていたので、チャレンジしてみました。
お分かりいただけるかと思いますが、空抜け、逆光状態で撮影しています。
私は、Mモードで撮影することが多いため、露出設定をss(シャッタースピード)のところで調整しています。

デジ眼をさわったことはほとんどありませんが、このような条件の時、デジ眼ですと露出の調整がとても難しいらしいですね。
フローライトレンズの威力、恐るべし!です(^^)
posted by Fei at 10:28 | TrackBack(0) | モズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

私は誰でしょう?

No.38-061008E09 1 179〓〓〓〓.jpg

使用スコープ:TSN-824M
使用デジカメ:CASIO EX-Z850
使用アイピース:TSE-9W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F4.0
シャッタースピード:1/125ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:50
撮影日:2006年10月8日


じゃ〜ん、答えは「イソシギ」です!
たまたまTSE-9W(50倍)を使用しているところに
偶然にも数メートルの距離から撮影することができましたので、
こんなにドアップになってしまいました。

イソシギ
を至近距離で撮影するのは初めてです。
羽毛の細かい部分までよく分かりますね〜。
あらためて、デジスコの威力にびっくりです!
posted by Fei at 09:44 | TrackBack(0) | イソシギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

ムナグロ

No.38-061008E09 1 137〓〓〓〓.jpg

ムナグロ

使用スコープ:TSN-824M
使用デジカメ:CASIO EX-Z850
使用アイピース:TSE-9W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F4.0
シャッタースピード:1/200ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:50
撮影日:2006年10月8日


ムナグロも念願かなって、間近で見ることができました〜(^0^)/
綺麗な夏羽を見てみたかったのですが、時期的にそれはちょっと難しいですね(^^;)
でも、こちらのムナグロもとても綺麗でしたよ!
朝日に照らされて幻想的な雰囲気を醸し出していました。

2羽入るように、縦位置で撮影してみました。

夏羽は来年のお楽しみ・・・ということにしておきます(笑)
posted by Fei at 16:39 | TrackBack(0) | チドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

ケリリン(笑)

No.37-061008E09 3 059??〓.jpg

ケリ

使用スコープ:TSN-824M
使用デジカメ:CASIO EX-Z850
使用アイピース:TSE-9W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F4.0
シャッタースピード:1/320ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:50
撮影日:2006年10月9日


ケリも、近所ではなかなか見ることができない鳥です。
以前遠征して見た時は、そのあまりの警戒心の強さに呆然としたことがありました。。。

一見やや地味な模様で、目つきが鋭く感じられますが、
飛んだ時に見られる白い模様はとても美しいと思います(^-^)
この日はたくさんのケリを見ることができて、とても幸せでした♪
posted by Fei at 09:58 | TrackBack(0) | チドリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

チュウサギ撮影!

No.37-061008E09 1 256〓〓〓〓〓.jpg

チュウサギ

使用スコープ:TSN-824M
使用デジカメ:CASIO EX-Z850
使用アイピース:TSE-9W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F4.0
シャッタースピード:1/320ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:50
撮影日:2006年10月8日


今年はチュウサギをたった一度(しかも200mくらい先)しか見たことがありませんでしたが、
念願かなってようやく間近で観察&撮影をすることができました。
本当に間近でした(^^)¥
嬉しくって、ついデジスコらしくドアップでの撮影です(笑)

白トビしてしまっている部分もありますが、そこはまぁ見逃してやってください(^^;)

ようく見てみると、やっぱりダイサギと違いますね〜。
今度はアマサギもじっくりと撮影してみたいです。
posted by Fei at 13:00 | TrackBack(0) | サギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

君の名は

No.36-060916 002〓〓〓〓〓H.jpg

ホトトギス(?)


使用スコープ:TSN-824M
使用デジカメ:CASIO EX-Z850
使用アイピース:TSE-14WE
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F4.0
シャッタースピード:1/125ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2006年9月16日


トケン類って、図鑑を眺めていても識別が難しそうですね。
この間、某所でホトトギスらしき鳥を撮影したのですが、いまいちよく分かりません。
識別ポイントが隠れてしまっています(泣)

もし、「これはホトトギスじゃないよ〜」とご存知の方がいらっしゃいましたら、
そ〜っとKOWAさんまでご連絡ください(笑)
posted by Fei at 09:31 | TrackBack(0) | ホトトギス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

お泊りツアー体験記 その3

この日は、前日とはうって変わって風もなく、穏やかで暖かい日でした。
そのせいでしょうか。前日とはタカの飛ぶルートが違っている気がしました。
しかも前日のように強い向かい風(?)がなかったため、タカの飛ぶスピードがとても速かったです。
遠くでポツンと点が見えたかと思うと、ぐんぐんと近づいてきて、あっという間に目の前や頭上を飛び去っていくという感じです。

スピードは速いし、頭上や頭の後方を飛ぶ個体が多く、なかなか被写体をスコープに入れることができません。
だんだんあせりを感じてきます。
それでも、タカ柱を何度か見ることができました。


No.36-060923E24 1 259〓〓??.jpg

(一応)タカ柱


使用スコープ:TSN-824M
使用デジカメ:CASIO EX-Z850
使用アイピース:TSE-14WE
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F4.0
シャッタースピード:1/1600ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2006年9月24日



被写体との距離がかなりありますので、ピンボケなのはご容赦ください。


続きを読む
posted by Fei at 09:47 | TrackBack(0) | タカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

お泊りツアー体験記 その2

宿屋に着き、とっても美味しい夕食をいただいた後、講師で野鳥写真家の叶内さん、白樺峠で調査をしているタカ渡り研のKさんによるタカ類の識別講座が行われました。

No.35-060923E2 2 014??〓??.jpg


実際にまだ見た事がない種類は、ちょっと難しかったですが、
この日見たハチクマなどの識別ポイントに「なるほど!」と納得したりしました。
しかし、明日の観察までその知識を覚えていられるか、上手く活かせるかが問題です(大汗)

話には聞いていましたが、私の想像以上の距離を、彼らは渡っていくのですね。
途中で力尽きてしまう個体も多いのでしょう。
命がけで何百キロも旅をする彼らの姿にあらためて感動を覚えるとともに、
15分程度の登り坂でヒーヒー言っている自分がなんだか悲しくなってきました・・・orz

講座が終了した後も、叶内さんを囲んで色々なお話を伺うことができました。
皆さんの質問に、丁寧に答えてくださる叶内さん。
「知れば知るほど分からないことが出てくる。だから面白い。」とのお言葉がとても心に残りました。
そして、どさくさにまぎれてちゃっかりとサインをいただいた私なのでした(^^)¥



続きを読む
posted by Fei at 11:31 | TrackBack(0) | カワガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

白樺峠お泊りツアー体験記

KOWAさんのご好意により、またまたワイバードさんのツアーに参加させていただくことができました。
今回は日帰りではなく、1泊2日でタカの渡りを見てみよう!というツアーです。

ところが、私の猛禽類を識別する能力は皆無と言ってもいいくらいです。
今まで見たことがあるのは、オオタカ、ミサゴ、ノスリ、チョウゲンボウ・・・など。
飛翔している状態の猛禽類を識別するのはほぼ無理でしょう。
これではいけない!と思い、夜寝る前などに図鑑やHPを見て予習しようとしますが、
いつの間にかグースカと寝てしまう有様です。
・・・こんなことでいいのかしらと思いつつ、ツアー当日の朝を迎えました。


前回の、30分集合時間を間違えた教訓を活かし、今回はかなり早めに家を出発しました。
おかげで、今回は遅刻することもなく、1番のりで集合場所へたどり着くことができました(^0^)=3ホッ

列車に乗った後、バスに乗り換え、目的地の手前まで到着です。
「いよいよだな。一体どんなタカが現れるのだろう?」と期待で胸がふくらみます。

しかし、ここからが問題でした。
バスから降りた場所から目的地までは、約15分の登り坂を歩かなくてはならなかったのです。
途端に顔が真っ青になる私。
そうです。何を隠そう、私は機材を担いで坂を登るのが大の苦手なのです!!
平坦な道は比較的問題がないのですが、箸より重いものを持ったことがない持久力がない私は、
すぐに息が上がってしまうのです(-_-;)
それに、思っていたより急勾配。
予想通り、登り始めてすぐ息が上がってしまいます。
ツアー参加者の中では比較的若い方だと思いますが、一人で「ゼーハー、ゼーハー」言っています。
たぶん前後何人かの方に私の荒い息遣いが聞こえていたと思います。
笑われてしまう私・・・ ・゚・(つД`)・゚・
それでもやっとの思いで目的地にたどり着くことができました。

No.35-060923E24?????? 3 005.jpg

そこは、とても見晴らしのいい場所でした。
思わずバンジージャンプをしたい気持ちに駆られます。 ←え゛っ!?


続きを読む
posted by Fei at 10:21 | TrackBack(0) | タカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。