2006年04月04日

干潟でシギチを撮影する

060404daizen.jpg

ダイゼン 冬羽

使用スコープ:TSN-824M
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TSE-9W 
撮影モード:Mモード
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/250ss
露出補正:Mモードによりなし
ISO感度:100
撮影日:2006年3月31日

シギチ(シギ・チドリ類)の春の渡りのシーズンがやって来ました。
ポツポツとですが、姿を見せはじめています。

干潟でシギチたちを撮影する時は、私は主にTSE-9W 50xWを使用します。
もちろん、被写体との距離や大きさなどによって接眼レンズを替えることもあります。
TSE-14WE 32xWなどよりは難易度が高くなりますが、広い干潟で観察&撮影するには、高倍率接眼レンズが欠かせません。
また、潮の満ち引きなどにも鳥の出が影響される為、潮見表を見ることも大事です。

こちらはダイゼンの冬羽です。
シギチはそのほとんどが夏羽と違い、冬羽は地味な模様になってしまうものなのですね。
去年の冬、私がまだシギチについて全くといっていいほど知識が無かった頃、越冬する個体を見て大変感動したものです。
冬羽もなかなか素敵ですね〜(^^)

続きを読む
posted by Fei at 13:25 | TrackBack(0) | ダイゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。