2007年04月19日

ユリカモメ

No.64-070329J 1 157.jpg

ユリカモメ


使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TE-17W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/640ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年3月29日


百合鷗 冬子  「あら、あなたもう夏羽に衣替え?」
百合鷗 夏子  「ええ、最近暖かかったものだから、ついね。」

・・・なんて会話が交わされていたかどうかは分かりませんが・・・。
ユリカモメの夏羽の頭部は茶色に変化して、チョコレートを彷彿とさせます(笑)
ユリカモメも夏羽を見ると、チョコレートが食べたくなってしまいます コラマテ
posted by Fei at 09:56 | TrackBack(0) | カモメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ホオジロ

No.64-070325zIWIX 2 235.jpg

ホオジロ オス


使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TE-17W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/125ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年3月25日


撮影に出かけ、帰り際にホオジロが鳴いているところを見つけました。

私はまだ駆け出しなので、どうしても図鑑写真が多いのですが、
いつかは野鳥がいる風景写真を狙って撮ってみたいなと思っています。
でもとても難しいですよね〜。
いや、本当に難しい・・・(^^;)
posted by Fei at 17:54 | TrackBack(0) | ホオジロ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

アオシギ

No.63-070320AIVM 1 118.jpg

アオシギ


使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TSE-21W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F2.8
シャッタースピード:1/125ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年3月20日


去年もアオシギを見たのですが、かなり距離があったので証拠写真程度にしか撮ることができませんでした。
今年は間近で見ることができました(^0^)/
謎のボヨンボヨンダンス(?)もたっぷり堪能いたしました。
日陰と日向が混じり合っているような場所でしたので、露出設定に苦労しました。
日陰に入ってしまうとすぐブレてしまうので、F2.8で撮影しています。
間近で見るアオシギは、思ったよりも大きくて綺麗でしたよ〜♪
posted by Fei at 12:36 | TrackBack(0) | シギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

セイタカシギ

No.63-070319ZC^JVMIX 1 087.jpg

セイタカシギ オス


使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TE-17W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/640ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年3月19日


某所へ出かけたら、セイタカシギの小さな群れを見つけました。
その中で、ずっと寄り添っている、カップルらしいオスとメスがいました。
これは、そのうちのオスを撮影したものですが、頭から首の後ろまで黒いことに気づきました。
このようなタイプのオスは初めて見ます(私の記憶に誤りが無ければ^^;)。
個体差があるようですね。不思議です。
posted by Fei at 10:05 | TrackBack(0) | セイタカシギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

オオジュリン

No.62-070314IIW 2 084.jpg

使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TE-17W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/400ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年3月14日


この日は風がとても強かったのを覚えています。
オオジュリンも穂の先に止まったのはいいのですが、強風で大きく揺れるので
バランスをとって止まるのが大変そうでした。
デジスコらしくアップ画像を撮るのも好きですが、あえて少し引いた図を心がけてみました。
背景に青い色が入ったのが気に入っています。
posted by Fei at 09:20 | TrackBack(0) | ホオジロ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

アオジ

No.62-070303AIW 1 059.jpg

アオジ オス


使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TE-17W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/100ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年3月3日


道を歩いていたら、「ツィッ、ツィッ」と近くで鳴き声がしたので、
双眼鏡を向けるとアオジが茂みからひょこっと顔を出しました。
かなりの至近距離でした。 でかっ(@0@) 笑
下の嘴に付いているのは汚れでしょうか?
何を食べたのでしょうね〜?
posted by Fei at 12:30 | TrackBack(0) | ホオジロ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

ジョビ子さん

No.61-070301WEr^LX 021.jpg

ジョウビタキ メス


使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TE-17W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/40ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年3月1日


私の大好きな鳥、ジョビ子(ジョウビタキのメス)です。
鳥見を始めて間もない頃は、よくスズメと間違えたものです(^^;)
と言いますか、シジュウカラ以外の小鳥は、みんなスズメに見えていました・・・。

被写体が何かの影にいて、その前後の景色が日向という状況での撮影は難しいですね。
被写体を適正な露出に合わせると、周りの景色が明るくなりすぎてしまい、チカチカしてしまいます。
かと言って、背景に露出を合わせると、今度は被写体の露出がアンダーになってしまいます。
う〜ん・・・。
posted by Fei at 11:28 | TrackBack(0) | ツグミ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

スズメ

No.61-070222XY 2 036.jpg

スズメ


使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TE-17W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/160ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年2月22日


スズメやカラスなど、身近にいる鳥を撮影しようといつも狙ってはいるのですが、
「撮気」を感じ取られてしまうのか、なかなかできません。
今回は何とか撮影することができました。

余談ですが、皆さんは何も見ずにスズメの横顔を描くことができますか?
私はちょっとあやふやなところがあって正確には無理そうです(-_-;)
よく見る鳥なのに、何でだろー?(笑)
きっと、しっかり観察していないからですね(滝汗)

posted by Fei at 17:29 | TrackBack(0) | ハタオリドリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

カヤクグリ2

No.60-070216JNO 2 164.jpg

カヤクグリ


使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TE-17W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F2.8
シャッタースピード:1/80ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年2月16日


私は、カヤクグリをキュートな小鳥と思っているのですが、
手持ちの図鑑をようく見たら、「地味な鳥」と書かれてありました。
可哀想に、、、。・゚・(つД`)・゚・。
家族に画像を見せたら、やはり第一声が「これスズメ?」でした・・・(^-^;)
私はあなたたちのことが大好きですから! いじけちゃ駄目!!(笑)
posted by Fei at 10:51 | TrackBack(1) | イワヒバリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

アオジ

No.60-070211E12AIW 2 200.jpg

アオジ オス


使用スコープ:TSN-774
使用デジカメ:SONY DSC-W7
使用アイピース:TE-17W
撮影モード:マニュアル露出
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/400ss
露出補正:マニュアルによりなし
ISO感度:100
撮影日:2007年2月11日


よく陽のあたる場所にアオジが出てきていました。
ちょっと前までは人の気配がするとすぐに「ツィッ」と鳴いて隠れてしまったのにね。
でもこの場所、かなり障害物がある上にアオジの動きが素早いので撮影するのが大変でした。
ちょっと被ってしまっているところがありますが、大目に見てやってください(^^;)
posted by Fei at 18:01 | TrackBack(0) | ホオジロ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。